水 ミネラルウォーター ウォーターサーバー 天然水

水の種類

少し前までは、水にお金を出して買うということは考えられもしませんでしたが、気づけばそれが当たり前になり、次々と色々な種類の水が販売されるようになりました。

水の種類はジュースや他の飲み物のように味だけで種類を分けているのではありません。味も含め、その用途に合わせて種類が分けられています。

その用途は専門的なもの多いされていますので、ここでは細かくご紹介はしませんが、現在コンビニや自動販売機で手に入れることができる水やミネラルウォーターにはどんな種類のものがあるか見ていきましょう。


軟水
・六甲のおいしい水
・天然水
・銀河水
・クリスタルカイザー
・ボルヴィック

硬水
・エビアン
・コントレックス
・ヴィッテル
・ペリエ
・クルマイヨール

軟水と硬水
これは文字を見ていただければ、わかると思いますが、軟水は軟らかい水、硬水は硬い水を表しています。

この硬さは、水に含まれるあるものの量で変わってきます。それは「マグネシウムイオンとカルシウムイオン」の量です。

その量をある計算式で出し、その数値が高いと硬水・超硬水と呼ばれたり、反対に数値が低いと軟水・中軟水などと呼ばれます。

一つ疑問に思うのは、イオンの量の違い、水は基本的に無味・無臭です。軟水・硬水の違いは私達が感じることができるでしょうか。

それは実際に、数種類の軟水・硬水を飲んでみれば、すぐに分かります。私も一度試してみたのですが、自分の舌とのどがその違いを教えてくれました。

軟水はその名の通り、舌ものどもするすると軟らかく通っていくのに対し、硬水は飲んだあと舌やのどに水分が残る感じがありました。

超硬水のものはうっすらとでもしっかりと舌・のどに何か水分が残っている感じがあり、軟水の方が好きだという方の気持ちがなんとなく分かりました。

日本酒などで甘口のものは軟水で、辛口のものは硬水で作られていると分かり、あののどの通りはお酒ではなく、水の特性だっという事がわかりましたね。