水 ミネラルウォーター ウォーターサーバー 天然水

砂漠緑化で地域貢献活動を

地域貢献活動には様々な種類があります。環境保全、交通安全、福祉など、それぞれの思いが地域貢献につながります。環境保全の一つが、砂漠緑化運動です。

砂漠化した土地や土壌を改良して、樹木や植物が生えるようにします。まずは藁などを埋め、根が張りやすいようにします。放牧地域で家畜がせっかく出てきた芽を食べてしまうこともあるので、柵をはって防御することが必要な場合もあります。

中長期的な視野も欠かせません。というのは、樹木が育っても水やり、追肥、剪定が必要で植えて終わりではないからです。地域の人の協力を得るのも重要です。

砂漠緑化をしっかりと行う

世界で深刻な環境問題として言われているのが、砂漠化してしまう問題です。

この問題に関しては大地に水がなくなり、砂漠化してしまうことを指しています。砂漠化してしまいますと植物などが失われ、元に戻ることが非常に困難になってしまいます。

砂漠化してしまった大地に対しては、現在でも砂漠緑化がしっかりと行われています。この取り組みについては、世界中から専門家が集まっていて、大きな企業の協力も得ていますので、今後も引き続きおこなわれていきます。

かけがえのない地球環境には資源がありますので、しっかりと協力しあって取り組みを行っていくことが大切になるでしょう。

砂漠緑化もやりすぎはNG

現在世界各国で砂漠緑化の活動が進められています。なくなりつつある緑を増やしていくのはとても大事なことなのですが、あまりに緑に偏りすぎてもいけないのが自然の難しい所です。

なぜ緑ばかりになってはいけないのかと言いますと、本来砂漠でしか育たない植物などもあるためです。

緑が多いというのはその分水分も豊富ということです。しかしその水分が成長の邪魔になってしまうような植物や食物もあるのです。そういった植物が枯れてしまうと今度は砂漠に割いていた食物を食べていた動物たちが食べるものがなくなって絶滅してしまうことになります。

納豆と砂漠緑化

何も関係もなさそうに感じる納豆と砂漠緑化ですが、将来は、納豆が砂漠緑化を実現してくれるかもしれません。納豆はかき混ぜていると糸が出てきますが、特殊な加工を行う事で、たくさんの水分を吸収する事ができるジェルを作りだす事ができます。

砂漠緑化において、水分を維持するという事はとても大事な事でしょう。ジェルは化学薬品ではなく自然の物から作られていますので、環境にもいいという事が考えられます。

砂漠にたくさんの水を留める事ができれば、植物にとってより優しい環境になります。実用化されると、これまでとは比較にならないほど効率よく砂漠緑化を進める事ができるかもしれません。砂漠緑化において用いられている手法は改良されつつあります。