水 ミネラルウォーター ウォーターサーバー 天然水

くい止めたい砂漠緑化

便利な世の中が言われている一方で、地球における環境に変化が生じているようです。その一つにあげることができるのが、砂漠緑化になります。

世界の至る場所が砂漠化されてしまっているような現象です。一度砂漠化になってしまいますと、大地が枯渇し水分が不足してしまうことから、なかなか元の環境に戻すことが難しくなってしまいます。

このような状況をくい止めようと、世界中の研究者や団体などが、沙漠緑化の活動をおこなわれています。ボランティア活動での参加も募っていますので、興味がある人はサポートしてみても良いかも知れませんね。

日本の支援が砂漠緑化を変えた

砂漠地帯では、国として自然を増やす努力がなかなかできない問題を抱えています。

国が支援を行っても、緑化に向けてできることが少なすぎて、全く緑が育たないのです。そこで日本が支援を行って、砂漠緑化を実施していくのです。

日本の企業が行っている緑化事業をそのまま利用して、砂漠地帯でも緑が育つようにしています。特にアフガニスタンなど、日本が支援に入ったことで緑が増えている地域は多く、砂漠緑化が進み始めています。

10年以上の時間はかかりますが、砂漠を緑に変えることができれば、様々な恩恵と温暖化抑止が期待できます。

世界の砂漠緑化が進むために行っているプロジェクト

砂漠地帯に生物や植物を育成し、貧相な生態系を豊かにすることで生物多様性を生み出す事ができるのが、砂漠緑化です。保水力を高め、海面の水位を食い止める事で大気中にある保水力を高めます。海面水位の上昇を抑さえる事で、雨量の増加が見込めます。

その他にも多くのメリットがあり、世界でも緑化を目指した活動をしています。日本の企業でも手を組み、協力して大型プロジェクトをすすめています。海外の砂漠では、一部地域で緑化を進めており、徐々に効果を発揮しています。今後も砂漠緑化を目指し、様々なプロジェクトが盛んに行われ、世界の緑化が進んでいきます。

砂漠緑化の作業

ただやみくもに決まりきった作業を行っていけば、砂漠緑化が実現するのではありません。

シンプルではなく、いろんな事情が絡みあっています。海外で砂漠緑化の活動を行う事も多い様ですが、その土地の気温や天候などをしっかりと把握する必要があります。

そして、環境を考慮して、適切だと思える砂漠緑化を行っていく必要があります。人が環境に合わせて柔軟に対応する事が求められる事もあるでしょう。

世界には砂漠となっている場所がたくさんありますが、環境は全く同じではありません。

その土地について現地の人はよく把握していると思いますので、彼らの協力というのも成功には欠かせないかと思います。