水 ミネラルウォーター ウォーターサーバー 天然水

砂漠緑化には水が必要

砂漠緑化の第一の問題は、自然に水を得られるような環境です。砂漠には水がありませんので、水を提供するには大きな水路を作るなどして、水を供給してもらうような作業を実施します。作業には日本の会社が入ることも多くなっています。

日本の会社が持っている技術力、そして機械によって作業を行って、水路を作成します。多くの場合、灌漑農業に近い方法を採用して、水路を作ると同時に緑の育つ環境をもたらしていきます。

砂漠緑化は、日本が持っている技術を最大限に活かした結果、多くの場所で緑を育てる工夫ができていて、現在も多くの地域で進められています。

メリットがたくさんある砂漠緑化

砂漠緑化をすることで砂漠の生態系に、いろいろな生物をもたらすことが可能です。緑化することにより保水力が上がるので、海面水位の上昇を止める事もできます。大気中の保水力も上昇するので、砂漠地域での雨を増やすこともできます。

保水力以外にもメリットが多くあるので、緑化は世界中で喫緊の課題として取り組みを行っています。日本でも大型プロジェクトチームを作り、企業の枠を超えて多くの企業が賛同しています。

サハラ砂漠などの一部地域では、緑化が進んでいるので、少しずつ効果が見られるようになっています。これからも砂漠緑化に向けて世界中でいろいろな研究がされて、いろいろな対策案が出てきます。

砂漠緑化の取り組みについて

世界でも大きな環境問題となってしまっているのが砂漠化の問題です。あちこちの土地が枯渇し、水を失ってしまう砂漠化の問題が叫ばれています。

砂漠化になってしまうことで大地に水が失われてしまいますので、非常に大きな問題に遭遇してしまいます。そのようなことを解決しようと、世界では砂漠緑化の取り組みが盛んにおこなわれています。

この砂漠緑化の取り組みについては、その土地に緑を蘇らせることを目標にしています。簡単なことではありませんが、世界中から専門家が集まっていて、このような問題に取り組みを盛んにされています。

砂漠緑化によって農業もできる

砂漠緑化のメリットとして、農業が可能になることが大きいです。砂漠の状態では農業を実施することができないので、何を育てても効果がありません。すぐに枯れてしまう状況になるでしょう。

砂漠を緑に変えることができれば、その場所で農業を行うことが可能になり、収入を得るための事業を展開できるのです。

砂漠緑化を進めている国では、農業を行うために日本へ支援を求めていることも多いです。砂漠地帯を緑に変えるまでには、10年近い年月が必要ではありますが、これから農業などをスタートさせて、緑を復活させつつも収入アップを考えていくのです。